2014年7月22日

梅雨明けと常連のM氏のことと少しの宣伝

三連休が始まる前の金曜日、当日予約の電話が何本かあり、暇だ暇だと文句たれていたが結果的におおかたベッドが埋まり、本格的な夏の到来を予感させた。翌日もその翌日もいずれも当日予約の電話によってまずまずの客入りがあり、三連休は夏の賑わいを見せたのであった。そういえば日曜日はバケツをひっくり返したような、ではまだ甘い例えに思えるほどゲリラ豪雨が昼ごろやってきて、30分ほど奉還町を襲った後に一気にカーンと晴れ、これにて岡山はめでたく梅雨明け。おめでとう。梅雨の残り雨がお客さんをもたらしたようだった。

ゲリラ豪雨がとりいくぐるのラウンジに襲来し、中庭を池のように変えてしまっていた頃、僕(明石)はとりいくぐるからほど近い、やっちというスペースで上映会の準備をしていた。詳しい説明はここでは省かせてもらうけれども、明石はとりいくぐる以外に『やっち』という場所の運営にも参加していて、前回の記事にもある通り、西尾孔志監督の映画『ソウル・フラワー・トレイン』の上映会なんかを企画したりしている。その映画をゲリラ豪雨が今にも止まんとするとき上映会は始まり、ちょうど雨の止み間を突く格好で、とりいくぐるラウンジの常連のM氏も遊びに来てくれた。彼はアメリカ人であるのに大変に日本語が堪能で、英語字幕なしで映画を鑑賞し、さらに今回の作品と小津安二郎の『東京物語』との共通点を幾つか指摘してくれ、とても場を盛り上げてくれた。その帰り、彼はとりいくぐるにも寄ってくれたらしい。そこで上映会・夜の部のトークショー参加のために岡山入りしてくださっていた西尾監督とラウンジでばったり遭遇、そして映画の感想、質問を監督に伝えることができたそうだ。M氏も感動した旨をFacebookで表明していたし、監督もまたとてもこのちょっとした事件を喜んでくださっているようだった。僕自身も、この一連のことはとてもいいできごとに思えた。

前回、ブログ記事で乱立するイベント企画を書き連ねながら、一瞬、イベントをする意義のようなものを見失いそうになっていた。けれども、このM氏や、さらにまた別の友人から映画の感想を聞くにつけ、少しの充足感を僕にもたらしたし、次回以降のイベントも頑張るぞという気持ちになるのだから、おもしろい。


ということで今週末26日と27日にはNAWATEの一周年のお祭り、『なわての小さな夏祭り~シゴトとセイカツとワタシ~』。
さらに27日夜には『たゆたう"3rdアルバム「舟に泳ぐ」リリースツアー@岡山』が。
8月は『「断層紀」 上映&波田野州平監督トーク』。
みなさま、これからもよろしくお願いします。ね。

このブログ記事について

このページは、AKが2014年7月22日 22:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『なわての小さな夏祭り』限定宿泊プラン」です。

次のブログ記事は「夏から秋にかけてのヘルパーさんを募集中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。