2020年1月18日

1月18日:どういう場を作っていくか

20200118193517.jpg
随分と大袈裟なタイトルですが、大した話では決してありません。

と、いうことで閑散期真っ最中です。でも閑散期はお客さんとじっくり会話ができるので、それはそれで良い感じ。
さらには年始の挨拶を兼ねた感じで近所の人がふらりと来られ、その場にいるスタッフやお客さんと自然発生的に会話が始まったりして。
初めは、ちょっと立ち話。それが「まあどうぞお座りよ」と椅子に腰掛ける。お茶飲む?とお茶を入れたりして、果てにはちょっと甘いものほしいねとお菓子を買ってきてポリポリ。
今年の冬は暖かいね、という話から、「〇〇が工事してその後に△△ができるらしい」というような街の噂、健康、生活、文化など、どんどん話が枝分かれしていきます。
特に不自然なこともなく、演出も無しにこんなことが起きて、この空間は僕はとても愛おしいなと思ったりしました。

とりいくぐるはゲストハウスを名乗っていて、宿泊営業の許可を取っています。なので、外からやってきた人はお金を払って宿泊することができます。
しかしとりいくぐるには、"宿泊施設"や"ゲストハウス"とだけではない、色々なラベルが貼り付けられています。例えばリノーベーションだとか、商店街だとか、アットホームだとか、駅から遠く不便だとか。ラベルはイメージと言い換えても良いかもしれません。そしそのラベルには、辞書には確かな意味が載っているだけでなく、いくつものタグが重なっていて、深みと複雑さを与えています。
来るお客さんは、それぞれにラベルの意味を読み取って来ているわけですが、僕ら自身もここはこういう場所なのだという認識があります。なのでお互いのイメージにズレ、ギャップももちろん存在するわけですが、下手するとトラブルの種にもなりかねないこのギャップやズレ、それらを果たして受け止めることができるか。愛せるのか。

まだまだ修行が足りない。数字や記録に残らない場所でも、四苦八苦している日々です。
今日はこのあたりで、とりいくぐるでした。

2020年1月 2日

2020年1月2日:ささやかで寂しくない

2020年1月2日:ささやかで寂しくない

新年あけましておめでとうございます。とりいくぐるです。
皆様、お正月いかがお過ごしでしょうか。お餅はいくつ食べました?大吉は引けました?

さて、とりいくぐるは年末年始を休まず営業をしています。
特にイベントを企画したりはしていませんが、お客さんと年越しそばを食べ、穏やかに新年を迎えました。
明けて元日はお客さんたちと一緒に、近所の国神社まで行き初日の出を。そののち宿に戻ってお餅を食べエナジー補給して、次は無料開放されている後楽園へ。パーティーをするわけではないけど、お客さんやスタッフ、近所の人たちが出入りして、各々少しお喋りしたりして。ささやかながらも、それぞれが寂しくない年越し。

去年に引き続きの年末年始営業。元々親戚付き合いの希薄な僕は、こんなふうに世界各地から色んな人がやってきて、一緒にお正月らしいことをして過ごせることが嘘のようです。

そんなわけで2020年も、とりいくぐるをどうぞよろしくお願いいたします。

2019年12月31日

12月31日:大晦日

12月31日:大晦日


年末。ばたばたとしているうちに大晦日。2019年ももうあと僅かですね。
一足お先にカドは、昨日30日に営業終了。とりいくぐるは休みなく2020年を迎える予定です。
振り返りや来年の目標はまたの機会にするとして、今回はひとまずお世話になった皆様にお礼を。
そして今年も3000人以上の方にご宿泊いただきました。どうもありがとうございました。

閑散期は閑散期ですが、7日のみメンテナンス休業を頂く以外、特に大きな休みは予定していません。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、そば食ーべよ。とりいくぐるでした!

2019年12月12日

12月12日:たくさんの告知

12月12日:たくさんの告知

表題どおり、たくさん告知します。宣伝です。

【宣伝/せんでん】《名・ス他自》:主義主張・商品などについて、大衆に説明し、理解・共鳴させて広めていくこと。その活動。転じて、事実以上に大げさに言いふらすこと。

事実以上のことはないので、安心してください。
カドの今後のスケジュール、今夜のぶんから。12月も盛りだくさんです。

1つめ、本日です!近所の方たちによる合同イベントです!お酒とお魚を堪能してください。
12月12日(木)19時〜「酒と肴」
※日本酒、お寿司やお刺身、発酵つまみのキャッシュオンのスタンド


2つめ、久しぶりの上映会。nawateアーカイブ企画です。
12月14日(土) 19時〜 「現時点プロジェクト『私はおぼえている』上映会+トーク」 
参加費:1000円+1ドリンク

予約・問合せ:hokancho4chomelounge.kado@gmail.com、086-236-8326(店舗営業時間中)
ゲスト:現時点プロジェクトメンバー(波田野州平、野口明生、池口玄訓)

※現時点プロジェクト
2017年1月にスタートした、生活習慣や生活用品、伝統行事や人々の記憶、自然環境などを映像と写真で記録保存し、アーカイブ資料を一般公開することをメインの事業とするプロジェクト。日常の中にある小さな驚きや、忘れられていた大切なことを発見していくことを目的とする。
https://www.instagram.com/genjiten2017/
イベント詳細はこちら→ https://www.facebook.com/events/774273523044988/


3つめ!アカネさんによる発酵のワークショップ12月編。
12月18日(水) 13時〜、19時〜「季節の発酵しごと 12月 味噌」
こちらも詳しくは→ https://www.facebook.com/events/551587088723314/


そして4つめはライブ。
12月22日(日)「コイケ龍一、岩本象一 "RONG" リリース 投げ銭ライブ」
8月に大好評だったお二人のライブです。今回はCDリリース記念です。
詳細は→ https://www.facebook.com/events/486684972195215/

カド、年内の営業は30日までを予定しています。年末お忙しいとは思いますが、お待ちしています!


そしてとりいくぐるですが、こちらは年末年始は休まず営業です。1月に入ったら、ちょこっとメンテナンスで休むかもしれません。
フリーアコモデーションスタッフ(ヘルパースタッフ)も募集中です。お問い合わせください。
あと実はNAWATEのテナントに動きがありそうで、また募集かけるかもしれませんが、それも追ってご案内します!

では、とりいくぐるでした!

2019年12月11日

12月11日:映画の話

12月11日:映画の話


突然ですが、今年見た映画で面白かったもの~!5作品くらい~!をやります。

非常に個人的な話題なんですが5つ、面白かった映画作品を挙げます。
カッコ内が作品名、それに続いて監督の名前です。

「ジョーカー」トッド・フィリップス
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」クエンティン・タランティーノ
「運び屋」クリント・イーストウッド
「ROMA/ローマ」アルフォンソ・キュアロン
「クライマックス/CLIMAX」ギャスパー・ノエ

この中で一番は?と聞かれたら「ROMA/ローマ」かもしれないです。Netflix限定でしたけど、劇場で泣きながら鑑賞しました。

ちなみに番外編、見たかったなあという作品はこちら。
「女王陛下のお気に入り」ヨルゴス・ランティモス
「レゴムービー2」マイク・ミッチェル
「岬の兄弟」片山慎三
「ワイルドツアー」三宅唱
「凪待ち」白石和彌

こうやって挙げてみると、日本映画で見逃しが多かったです。
今年はとにかく、映画を見に行く時間を作る、という個人的な目標がありました。その目標は、昨年に比べるとですがおおむね達成したかなと思います。映画を見ることは好きなので、来年も引き続き見ていきたいのと、あと何かしら映画を盛り上げるイベントとかキャンペーンとかやっていきたいです。


いやー、映画って本当に良いもんですね。とりいくぐるでした。
(たまにはこんな話題でどうでしょうか。)

2019年11月30日

11月30日:閑散期がやってきた

11月30日:閑散期がやってきた


ヤア!ヤア!ヤア!やってきました12月。
明日は日曜日。そして月の第一日曜日なので、カドは京橋朝市出店&モーニング営業の日です。朝市では海鮮チゲ、モーニングではかぼちゃのポタージュ。旭川河川敷、もしくは奉還町でお待ちしています。

長かった瀬戸内国際芸術祭も終わり、岡山芸術交流も終わり、12月。思えば春先は、消費税増税からの閑散期突入というコンボに戦々恐々としていました。そして今、今後の予約表を見る限り、まだ胃が痛むような状況なんですけども...。
嘆いてばかりでも仕方ないんで、準備や更新をして、どうやら来たるらし春を待たねばなりません。閑散期をどうこうする

ヘタってきた備品を買い替えたり、事務作業を省力化したり。そしてとっても大事な今年の振り返りと、来年の目標を設定すること。エクセルと格闘する夜がまたやって来ます。
ということで、まずは溜まってきた書類の整理から始めることにしました。何かを始めるときはまず片づけと掃除から。これは学生時代から変わらない、一貫した僕のスタンスです。

ひとまず年末年始は営業いたします。
現在は個室と別館中心に埋まり始めていますが、ドミトリーはまだ余裕あり。ご予約はお早めに!
とりいくぐるでした。

2019年11月21日

11月21日:晴れ

11月21日:晴れ


たまに友人、知人から全国のおすすめの宿を聞かれることがあります。「〇〇に今度行くんだけど、いいゲストハウスある?」というような。もちろん答えることはできます、でも泊まったことがないところばかりなんです。どこも評判はよく聞くし気にはなっているんだけど...みたいな。
そういう気になる宿が全国にあり、泊まりに行きたいなとウェブサイトを眺めることもしばしばです。

そんな時、ある気になっていた宿が来年春で営業を辞められるという話を聞きました。それは九州にあり、なかなか岡山からだと行きにくい土地。こうやって行きたいなと眺めているだけだと、宿が無くなってしまうということがあるのか。無理やりでも時間を作って泊まりに行かねば、という気持ちと、そして強い危機感と。
ゲストハウスブームが落ち着いた今、大きな資本の安い宿が参入してきていて、全国的に中小の宿泊施設は大打撃を受けています。せっかく素敵な宿を作っても、大手と体力勝負となるとなかなかに厳しく。ユーザーが買い支えるにしても、宿泊業は遠方にあったりして難しい面もあります。

いつまでもあると思うな親と宿。
自戒をこめて、とりいくぐるでした。

2019年11月17日

11月17日:続けていくって本当に大変

11月17日:続けていくって本当に大変

僕は仕事中よくラジオを聞くんですが、先日聞いていたラジオのゲストに、銭湯の改築を得意とされている今井さんという方が出ていらっしゃいました。銭湯を改築設計する上での苦労話なんかを興味深く聞いてたのですが、その中でも印象的だったのが、億の単位で費用がかかること。そりゃそうだ、給排水にボイラー、どれも大変な設備です。多額の費用をかけるということは、やはりその後何十年と続けていけることが必須条件になってくる、とも仰っていました。

さて、とりいくぐるの近所に「つる湯」という、それはそれはレトロで味のある銭湯があります。常連の方も多く、うちのお客さんにも大好評。またおかやまマラソンの当日には、ランナーの方もたくさん押し寄せていました。
そんなとっても愛されている銭湯なんですが、営業時間はなんと夕方5時から夜8時までの3時間(!)という短さ。2年ほど前に1時間短くされ、現行の営業時間に。やはり体力の面だったり、設備の面だったり、負担はかなりあるようなんです。とはいえ営業時間こそ短くされましたが、頑張って営業を続けてらっしゃいます。

宿泊施設を運営している身として常々思うことなんですが、続けていくって本当に大変。長くされている方に、心からリスペクトを。以上、とりいくぐるでした。

ちなみに画像はカドの隣の建物。ここも取り壊し中。

2019年11月 8日

11月8日:業界用語は難しい

11月8日:業界用語は難しい

【定期PR】平日限定・地元割してます!ヘルパー募集しています!来年3月まで予約出来ます!

効果があるのか分かりませんが、冒頭にコマーシャル入れていました。Youtubeの広告のようなものです。


みなさんは、「OTA」って聞いて何かすぐピンときますか?
オータではありません。「Online Travel Agent」、つまりは宿泊予約サイトのことです。ブッキングドットコムなどが有名でしょうか。現在とりいくぐるでは、OTAの掲載を増やすべく色々と準備中なのですが、働いているとまあこういう業界用語のようなものが幾つかあるんですよね。

予約しておいて連絡も無く来ないことは、「ノーショー」。
逆に、予約もなく受付に来て今日泊まれます?な感じのことを、「ウォークイン」。
相部屋を意味する「ドミトリー」も、海外からのお客さんを「インバウンド」と呼ぶのも、もうかなり浸透してきましたがこの業界の用語ですね。

そしてこの業界、特にゲストハウス業界でお客さんのことを、「ゲスト」と呼ぶ風潮があります。とりいくぐるを始めて6年と4ヶ月経ちますが、未だに違和感があるんですよね。かなり頑なに「ゲスト」と呼ぶのは避けています。これはただの、僕の潔癖だったり偏った拘りなので、ゲストと呼ぶ同業者の方々には気を悪くしないでほしいんですが...。

ゲストハウスのような宿泊施設のことを詳しくない人から、ときどき宿泊問い合わせ電話がかかってきます。
湯船はなくシャワーで、それも共同です。トイレも同様です。一番安く泊まれるのは二段ベッドの相部屋です。夕飯も朝ごはんもありません。タオルもうちは有料で貸し出しです。24時間スタッフが対応する、なんてことはありません。深夜に電話もらっても、僕は寝ぼけてます。いやむしろ出れば良い方で、だいたい寝て気づかないこともしばしばあります。
なるべく業界用語を使わず、一般的な言葉で説明します。ゲストハウス好きや慣れてる人にはまどろっこしいかもしれないですが、僕はそうしています。
このゲストハウスという業態、まだまだ一般的とは思えないんですよね。未だに説明して驚かれることが多いので。

僕は落語が好きでよく聞くんですが、落語の世界とか専門用語や符牒が数多くあり、そういうのを聞くたび格好いい~ってなるんですが、まあ分からないと不安だし寂しいので。

今日はそんな業界用語のお話でした。

2019年11月 6日

11月6日:移住のはなし

11月6日:移住のはなし


先日泊まった方は、岡山へ移住される方でした。
関東からまず九州へ移住し、そして次は岡山へ。うちに滞在している間に、不動産屋さんへ行きめぼしい物件を内見し、新居を決めてきたそうです。すごいスピード感!そしてチェックアウト後は観光されていたんですが、夜行バスで帰る前に戻ってこられ、これから岡山へ移住しますんで今後ともよろしくねと、お土産をいただいてしまいました。
他にも、この前カドに来ていた人は、仕事の都合で1年くらいの限定で岡山へ来られた方。その時は、近所の美味しいごはん屋さんを案内したり。
時々、こんな感じで移住される方がいらっしゃることがあります。ヘルパーさんでも、移住を考えているんですよねーって方も多いです。

思い返してみると、とりいくぐるオープン当初は、東日本から移住したいという方がよく来られました。
あっこういう需要があるんだ、と目からウロコが落ちたような感覚で、それから6年経った今も、それなりにいらっしゃいます。切羽詰まってる方もいて、家が決まるまでの間泊めてほしいという方も。
ゲストハウスは情報交換が行われやすいのが特徴のひとつだと思うんですが、まさに移住を希望する方はそういう生の声を欲してらっしゃるんですよね。あの辺りは家賃安いよーとか、月に一度朝市あるよーとか。

というわけで、移住をお考えの方。とりいくぐるでは長期滞在も出来ますよ!ぜひ相談してみてくださいね。
以上、とりいくぐるでした。