2014年7月16日

7月、イベントのこと



今朝は蝉の鳴き声で目が覚めた。本格的に夏が来たということか。


ここ最近の僕は、日本の夏特有の湿り気を帯びた暑さに参っていて、それは海外からのゲストも例外ではないらしい。そりゃあの大きなバックパックを持って日本中を回っているんだもの、仕方ない。先日も預かったバックパックを上に運ぼうと背負ってみると、声にならない声を漏らして気張らないと背負えないほどの重さだった。そんな彼らはチェックインするやいなやシャワーを浴び、エアコンのきいた部屋で早々に眠りについたようだった。


夏、夏と聞いて皆さんはワクワクするのだろうか。サッカーのお祭りも終わり、夏の日差しに、これから来るであろううたかたの日々にソワソワしているのではないか。
そんな皆さんを見越して、僕らはたくさんイベントを企画した。企画したはいいが、どれもなかなか集客に手を焼いているのが正直なところで、これはどうしたものかと頭をもたげている。この時期ってどのイベンターさんも同じように悩まれておられるのだろうか。集客が思うように伸びない僕の仮説の一つは、この時期はビアガーデンや野外フェス、海水浴、キャンプといった夏らしい(とても一般的で習慣的な)イベントがあまた存在し、我々のライバルとして屈強に立ちはだかっているからなのではないか、というもの。この説は割りといい線を行っているんじゃないか、なにせ当の僕もフェスやビアガーデンに行ったりしたい。とにもかくにも夏は手強いイベントが多い中、僕らも負けじと素晴らしいイベントを企画している。
ということで、しつこいようだがしばし宣伝にお付き合いいただきたい。




その1.『なわての小さな夏祭り ~シゴトとセイカツとワタシ~』
20140714163358.jpg

我がゲストハウスの入居するNAWATEが1周年を迎えたよ、というお祭り。言うまでもなくサブタイトルは平松愛理の名曲からインスパイアされたものなのだけど、中身はもっとリアリスティック。
ゲストハウスという性質上、全国から色んな人がやってくる。年齢も国籍も、岡山に来た目的も皆ばらばらで、もちろん仕事も様々である。そんな方たちの話を聞くことは、進路に悩んでいる人たちにとって実は大変貴重な体験なのではないか、というところを発端にこのお祭りはコーディネートされた。このお祭りを通して、仕事や生活の工夫、技術のヒントが垣間見えればいい、とそんなことを期待している。
詳細
トークショー予約フォーム




その2.『たゆたう"3rdアルバム「舟に泳ぐ」リリースツアー@岡山』
20140714163506.jpg

夏祭りでも登場する『たゆたう』は、27日に近所のKAMIORI KAORI ATELIER+BOUTIQUE+CAFEにて、3rdアルバムリリースライブを行います。企画は、NAWATEに入居するイワサキケイコキカクさん。3rdアルバム『舟に泳ぐ』はとりいくぐるでもパワープッシュしているので、気になった方はぜひ。
詳細
たゆたう/舟に泳ぐ




その3.『ソウル・フラワー・トレイン』 上映&監督トーク/『断層紀』 上映&波田野州平監督トーク
20140714163849.png
20140714163931.jpg

そして最後に映画の上映会を2つ。7月20日、21日には、ロビン西原作、西尾孔志監督作の『ソウル・フラワー・トレイン』が。8月2日、3日には波田野州平監督の『断層紀』の上映会が、とりいくぐるからも程近いやっちにて行なわれます。どちらの会にも監督がいらっしゃり、貴重な話を聞きつつ作品も楽しめる贅沢な会になっています。
また8月の『断層紀』に関しては、とりいくぐるの野口も出演します。そのことは前回の記事にも書かれています。
ソウル・フラワー・トレイン
断層紀
やっち/路地と暮らし社



このブログ記事について

このページは、AKが2014年7月16日 10:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『断層紀』上映会のご案内」です。

次のブログ記事は「『なわての小さな夏祭り』限定宿泊プラン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。