2014年7月15日

『断層紀』上映会のご案内

『断層紀』上映会のご案内

8月2日(土)と3日(日)の2日間、岡山市奉還町「やっち」にて波田野州平監督作品『断層紀』の上映会が開催され、初回上映後のトークセッションに野口が出演します。また、各回の上映後には様々なゲストとのトークや、波田野監督の音楽作品の上映もあります。ぜひお越し下さい。

また、今回の上映会のチケットはやっちだけでなく、とりいくぐるでも取り扱っております。


--------------------


『断層紀』 上映&波田野州平監督トーク


8/2(土)
16:00~ 上映後トーク
波田野州平×野口明生(とりいくぐる)

19:00~ 上映後、監督トーク
波田野州平×横山千秋(路地と暮らし社)
『音楽を撮る/映画を撮る』

8/3(日)
15:00~ 上映後、監督トーク
波田野州平×ギサブキリコ(よるのふね)

18:00~ 上映前、監督トーク
波田野州平×島村敏明 (studio LIGHTS)
『表現の場をつくる -ギャラリーセプチマをめぐって』

料金:前売1000円 / 当日1200円 (+1オーダー)

※席数に限りがありますので可能な限りご予約の上ご来場ください。
お問合わせ先: yatch@rojitokurashi.com / 086-250-7297(路地と暮らし社)


初長編映画『TRAIL』がユーロスペースや第七藝術劇場で公開され、その後も各地で上映を続ける映画作家、波田野州平が秋田県大館市にてアーティスト・イン・レジデンスで制作した新作『断層紀』をやっちで上映いたします。
各回上映後にゲストを招いての監督トークイベントがあります。
※2日(土)19:00の上映後は、波田野監督が撮影/編集されたGofish Trioやyumboのライブ映像の上映もあります。

ストーリー
私の祖父、波田野源一郎はある日突然姿を消した。そして私は残された物のひとつ、ひかり輝く鉱石に魅せられ、祖父が産まれた鉱山の町をはじめて訪れた。そこで見聞きした死にまつわる数々の伝承。死産した子供を遺棄した沢、お盆の夜に墓地で行われる弔いの踊り。やがて私は15歳の中学生ユキと出会う。彼女はカメラを使って日記をつけていた。家庭や学校での不安、将来への渇望を日記に残すユキとの交流を機に、私は「残す/残る」ということに思考を巡らしはじめる。今すぐこの町から出たいと願うユキと、この町の過去を執拗にあばこうとする私。時の断層から呼ぶ声に導かれるままに、秋田北部を巡った紀行映画。

監督・脚本・撮影・編集:波田野州平
出演:高橋幸来/篠村三之丞/波田野州平
音楽:三富栄治/清岡秀哉

製作年:2013年 / 上映時間:60分

監督プロフィール
波田野州平(はたのしゅうへい)。1980年9月6日生まれ。東京都在住/鳥取県出身。
洋邦ミュージシャンのライブ撮影を数多く行い、Night Peopleシリーズとしてwebにて次々と発表。
Jad Fair&Tenniscoatsの日本ツアーを記録した音楽ドキュメンタリー「Enjoy Your Life」が全国を巡回上映。
初の長編劇映画「TRAIL」が渋谷ユーロスペースを皮切りに、大阪第七藝術劇場など全国の劇場を巡回上映。
最新作は秋田県大館市にてアーティスト・イン・レジデンスで制作した『断層紀』。
東京・立川でギャラリー・セプチマというアートスペースを運営している。

ギャラリーセプチマ http://galleryseptimablog.blogspot.jp/

企画:波田野州平×やっち(合同会社路地と暮らし社)


--------------------


(野口)

このブログ記事について

このページは、NAが2014年7月15日 20:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エンジョイ・アワー・フリータイム」です。

次のブログ記事は「7月、イベントのこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。